ページの構成方法と検索キーワードの配置方法や強調方法

ページの構成方法と検索キーワードの配置方法や強調方法


無料SEO対策その3:ページの構成方法と検索キーワードの配置方法や強調方法

検索エンジンにページを正しく認識してもらい、特定キーワードで上位に表示してもらうためのページの構成方法と検索キーワードの配置方法や強調方法 について解説します。

@With HP素材・支援ランキング

理想的なページ構成:論文の構成

   WEBの検索エンジンは、論文検索が基本です。 したがって、その構成も論文の構成にしたがって構成するのが理想的と言えます。 論文と言っても、難しく考える必要はありません。構成を真似るだけですので、至って簡単です。 まずは、論文の構成を見てみましょう。


論文タイトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 論文要旨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1章 第1章タイトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1章概要説明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1.1節 第1.1節タイトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1節説明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1.1.1節 第1.1.1節タイトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1.1節説明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1.1.2節 第1.1.2節タイトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1.2節説明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1.2節 第1.2節タイトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1節と同様の構成
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2章 第2章タイトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以下、第1章と同様の構成
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

具体的な理想のページ構成とキーワードの埋め込み

   論文タイトルは、<h1>タグの中に入れます。これがページタイトルになりますが、 1ページに1タイトルが原則ですから、<h1>タグはページ内に1回のみ使用します。 以下、章のタイトルは<h2>タグ、節のタイトルは<h3>タグまたは<h4>タグの中に入れます。 <h6>タグまで使用可能ですが、ここまでネストが深くなることは殆どありません。
   実際のページでは、上記のページ構成のHTMLの中にキーワードを適切に埋め込みます。 キーワードの選定とその密度が重要ですが、選定はGoogleキーワードツールを使用し、 比較的良く使われているけれども、比較的競合が少ないキーワードの組み合わせを選定するのが良いでしょう。
   また、1ページの中にあまり多くのキーワードを埋め込むと、結果的にキーワード密度が薄まってしまいますので、 キーワードがあまり多くなるようだと、複数のページに分けるのが良いでしょう。
   キーワード密度は低すぎても、高すぎても検索順位の向上は望めません。 キーワードの密度は、人が読んで多少くどい程度まで詰め込んでも大丈夫ですが、不自然に詰め込みすぎると逆効果ですので注意しましょう。 以下、キーワードを【KW1】~【KW10】を埋め込んだ例を示します。 章や節のタイトルと内容に同じキーワードを繰り返し使用するのがポイントです。 より強調したいキーワードは複数の節に渡って埋め込んだり、<strong>タグで囲うのも効果的です。 <b>タグは、見た目は強調されますが、キーワードとしては強調されませんので、<strong>タグと使い分けましょう。
<h1>論文タイトル【KW1】・・・【KW2】</h1>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 論文要旨【KW1】・・・【KW2】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<h2>第1章 第1章タイトル【KW3】】・・・【KW4】</h2>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1章概要説明【KW1】・・・【KW2】・・・【KW3】・・・【KW4】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<h3>第1.1節 第1.1節タイトル【KW5】・・・【KW6】</h3>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1節説明【KW1】・・・【KW2】・・・【KW3】】・・・【KW4】・・・【KW5】・・・【KW6】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<h4>第1.1.1節 第1.1.1節タイトル【KW7】・・・【KW8】</h4>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1.1節説明【KW1】・・・【KW2】・・・【KW3】・・・【KW4】・・・【KW5】・・・【KW6】・・・【KW7】・・・【KW8】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<h4>第1.1.2節 第1.1.2節タイトル【KW9】・・・【KW10】</h4>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1.2節説明【KW1】・・・【KW2】・・・【KW3】・・・【KW4】・・・【KW5】・・・【KW6】・・・【KW9】・・・【KW10】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<h3>第1.2節 第1.2節タイトル</h3>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第1.1節と同様の構成
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<h2>第2章 第2章タイトル</h2>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以下、第1章と同様の構成
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不適切なタグの反復とキーワードの詰め込み過ぎの例

(画像をクリックしてご覧下さい)
   左図は<h3>タグの不適切な使用例を示します。 『paperslevestore』という店舗の商品をランキング形式で表示したページですが、 <h3>タグを不自然に多用し、しかもその中に『paperslevestore』というキーワードを埋め込んだ例です。 PHPで製作していますので、全店舗がこのような構成であり、 商品ごとのページにも関連商品のランキングを<h3>タグを使用して表示しています。 なお、商品ごとに1ページを割り当てていますので、総ページ数は数100万ページに達します。
   このようなページ構成だと、開設後、あるいは新しいサブドメインに移転後、2週間程度で、1日のユニークアクセス数が1000~6,000程度に急増し、 Googleで『paperslevestore』というキーワードで検索すると1ページ目に表示されます。 このピークのユニークアクセス数はサイトの古さや強さを始め、様々な要因により異なります。 しかし、その後1~3週間程度経過すると、ユニークアクセス数は数十分の1程度に急減してしまいます。 また、『paperslevestore』というキーワードで検索しても、3ページ目以降にしか表示されなくなります。
   そこで、<h3>タグを<div>タグに変更し、その中の『paperslevestore』というキーワードも削除した結果、 2週間程度経過すると、このページに関しては1ページ目に戻ってきました。 ただ、Googleインデックス内のURL数は依然減少傾向であり、アクセス数が増加する兆しは見えない。 ページ内容を大きく変更した場合は、まず登録ページが削除され、その後再登録が行われるようである。 このため、アクセス数の増加には時間を要する。 これに比較し、新たなサブドメインへ移転すれば、1週間程度でアクセス数の増加が開始するため、 ページ内容を大きく変更後、早期にアクセス数を増やしたいなら、新たなサブドメインへ移転する方が有利である。
   以上から、以下の結論が得られます。
最終更新日:2011年7月3日

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。

無料SEO対策メニュー
Sponsoredサイト

お楽しみサイト
東洋・西洋占星術

ホロスコープ占星術

無料姓名判断で読み解く運命
タロットカードで無料占い
手相占いによる未来診断
飛星派風水で住宅開運
夢の夢占い
ザ・ホラリー占星術

12星座占い

ザ・ホラリー占星術

株式投資講座(改訂版)

便利サイト
郵便番号から住所検索
住所から郵便番号検索
動画検索Neo
ネットショッピングNeo
通販Neo-Yahoo!ショッピング編
通販Neo-楽天編
OnlineShop-Neo Amazon-USA
OnlineShop-Neo Amazon-UK
通販Neo(本館)
通販Neo(別館)
通販検索Neo
モバイル通販Neo-楽天
モバイル通販Neo
トラベルNeo
脳の機能と心と体の健康
ネオラクス
無料SEO対策 無料SEO対策
応答速度 & Google PageRank
(192.168.1.100)